読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンフー・太極拳サークル 樊孟(はんもう)の会

会員募集とご案内 会員の日々の確認 の サークルブログ ※体験見学、初心者歓迎!!気軽にお越しください。

穏(wen3) 松(song1) 頂(ding3)

今日の「三つの言葉」



先日、別の教室で
樊(はん)先生が太極拳の三つの大事な言葉として
教えてくださったものです。




穏(wen3) 松(song1) 頂(ding3)


カタカナ読みでかくとしたら
穏 ウエン  


松 ソン


頂 ディン


どういう意味でしょう?





これはなんとなーく
わかりますね。


おだやか

安定した様子を表します


重心を安定させて
猫のように歩を進める
これは
太極拳の動きの要求の一つです





マツ?木?


中国語では
緩めるきつくない様子のこと
つまり
自然であるということです


気持ちを楽に、
リラックスすることを
放松(fang4song1)ファンソンといいます。


気持ちを落ち着かせ
意識を集中させ
静をもって心を養うことに
注意します


最後の





この言葉には支えるという意味があります


立正
正しく立つこと


身体はまっすぐで
伸びやかである
中正安舒


どこにも偏りがなく
歪まない
不偏不倚


つまりは
正確な姿勢によってこそ
正しい基本技術が行われる
ということでしょうか


「是非、この三つの言葉を
憶えてください。」と
先生はおっしゃっていました。


そして
ちょっと振り向いて
「中国語の勉強にもなります」と
にっこりされました。




この三つの言葉が
普段の生活でも生かせたら


いやなこともいいことも
ゆるやかに受け止めて
息をつめたり
眉間にしわも寄せたりせず
自然に微笑が口元にたたえられ…
頭痛や肩こりも少なく…


いざ ことにあたっては
腰もひけることなく
しっかりと


さまざまな場面において
自分自身でいることができ
楽にそこにいられそう。


(↑注 筆者にとっては、それは想像の域です)


穏(wen3) 松(song1) 頂(ding3)



みなさんも
心に留めてみてください。


太極拳をしないまでも
この言葉をイメージしながら
呼吸をすると
身体と心のスペースが
大きく感じられませんか?



←正しい姿勢とはいえないが松な状態の全身タイツ




樊孟の会 カンフー・太極拳サークル lesson on webページトップへ戻る


カンフー・太極拳サークル 樊孟の会←ブログトップへ戻る


樊 孟 先生プロフィール←樊先生プロフィール行く