読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンフー・太極拳サークル 樊孟(はんもう)の会

会員募集とご案内 会員の日々の確認 の サークルブログ ※体験見学、初心者歓迎!!気軽にお越しください。

講習、ワークショップのご依頼、ご相談、お申込みについて

質問にお答えします お知らせ

当サークルの講師である

樊孟さんは

中国西安にある

趙長軍老師の武術学院

優秀な成績、実績で出られてのち

親族のいる日本の大学を卒業。

現在は

大学院において

スポーツ生理学を学んでいます。

 

f:id:tailyoku-kanfu:20120818171522j:plain

 

ご自身の研鑽した中国武術

日本で学んだことを

今後の活動にさらに生かすために

講習会、ワークショップ等での

指導をお受けしています。

 

特に

東海地区

教育機関、学校、地域の子ども会

幼稚園保育園などの施設

福祉施設や病院において

 また企業の福利厚生の企画など

それぞれの目的に合わせて

対応できます。

 

それらについては

樊孟さんあてに個別にご相談ください。

 

企画の内容

規模や趣旨、日程などによって

お受けできるもの

できないものもございます。

 

 

f:id:tailyoku-kanfu:20100122130406j:plain

 

 樊孟さんは

学業が本文です。

 

あくまでも、

日頃お世話になっている

地域や社会への

自身の学びの還元として

できる範囲でと

考えているものです。

 ご理解ください。

 

 上記に関しての問い合わせは

以下のアドレスにお願いいたします。

 

ご相談の内容に加えて、

連絡先、担当者様のお名前を必ず明記ください。

 

メールアドレス f:id:tailyoku-kanfu:20130202104911j:plain fanjiagongfu@yahoo.co.jp

f:id:tailyoku-kanfu:20111105173914j:plain

 

 

こどものための中国武術の講習

単発や、数回のシリーズ

一年を通した定期的なもの等

武術を通し礼儀を学ぶ

外国の言葉や異文化を知る

身体を思い切り動かす楽しさを味わう

さまざまなアプローチがあります。

f:id:tailyoku-kanfu:20101225184205j:plain

武術は人と向き合うことを知る

非言語のコミュニケーション。

素晴らしいものです。

 

また自分のことは自分で出来るようになる

自立した心を養います。

他者を気遣う思いやりを育てます。

 

子どもの時代に他国の文化に出会って

日本に伝わる武術の素晴らしさにも

気付いてもらいたいです。

 

是非

ご相談ください。

 

 また企業の福利厚生など

社員に対しての

健康やリラックスのための

太極拳のワークショップ等も

可能です。

 

気持ちのいい音楽をかけながら

全身を使って

深く呼吸

ゆっくりと行う

太極拳を学んで

朝礼や昼休憩などに

気軽にできるようになれば

身体の不調も減ることでしょう。

 

ひいては作業効率を高め

どこでも「ものの10分」で

気分を一新する方法

得ることになります。

 

また、筋肉を鍛えるような

強い運動特性のあるものがご要望の方には

それなりのプログラムも組めるのが

一般にはまだ知られていない

太極拳以外の数多の

中国武術の楽しさです。

f:id:tailyoku-kanfu:20101225184114j:plain

 

いずれにしても

その動きは

表現芸術としての

も備えています。

 

優雅な身のこなしや

跳躍、バネのある動きは

世界共通な人間の身体をあつかったものです。

 

身体表現にかかわる方のすべてにあてはまる

身体の使い方の基本が詰まっています。

 

f:id:tailyoku-kanfu:20101225184127j:plain

各種スポーツの団体において

中国武術のプログラムの導入

総合的に身体能力を高めることが可能

ではないかと思います。

 

ニーズによって

樊孟さんがプラン致します。

  

 お話の内容によって

できるものがあれば

お受けしていきたいと考えます。

f:id:tailyoku-kanfu:20121003172231j:plain

数は多くできなくても

講習などの活動を通して

中国の伝統文化である武術が

日本の友人の今日の暮らしの役に立てば

樊孟さんはうれしいと考えています。

 

ご理解ください。

 

      2013.12/17現在 樊孟の会代表 文責 波塚